フォレスト歯科クリニック

予防メインテナンス

当院での予防プログラムについて

当院での治療の流れ
当院では、「まずは虫歯や歯周病にならないようにする」ことを第一に考えております。
やはり、天然の歯に勝るものはなく、一度治療を行った歯は天然の歯に比べると寿命が短くなってしまうからです。
ただ、治療が必要な歯がある場合や、すでに治療を行った歯がある場合も多々あると思います。
そういった歯であっても少しでも長い期間、良好な状態を保つために当院では、患者様一人一人に合った予防プログラムを提案しております。
1

初診

1dayトリートメント

問診票の記入&初診カウンセリング&口腔内検査(カメラによるお口の中の写真撮影、歯周病の検査、レントゲン撮影、唾液検査、位相差顕微鏡による細菌検査など)を行います。
患者様の状態に応じて、応急処置なども行います(急性症状がある場合は、応急処置を優先させていただきます)。

2

セカンドカウンセリングと担当歯科衛生士によるOHI&クリーニング

痛みが少なく丁寧な治療

セカンドカウンセリングにて患者様の現在のお口の中の状態、今後の治療計画について説明をします。
このカウンセリングで患者様のゴールと私達のゴールにズレがないようにしっかりとお話しさせていただきます。

OHIとはOral Hygiene Instructionの略で歯科衛生士による口腔衛生指導のことです。単に歯磨きの指導だけをするのではなく、普段の生活習慣なども含め、お口の全体の健康を保つために患者様と何ができるのか、一緒に考えていきます。

3

初期治療

ベテラン衛生士

患者様のお口の中の状況に合わせて、目では直接見えない部分の歯石取りなどを行っていきます。
必要に応じてOHIも継続していきます。初期治療は数回にわたることがあります。

4

再評価

マウスガードに定評あり

初診の段階と比較して、お口の中の状態が改善しているかどうか(虫歯や歯周病のリスクが下がっているか)のチェックをします。

5

治療

安全治療

再評価にてしっかりお口の中の状態が改善していれば、治療に進みます。
常に私たちと患者様の間でどこまで治療が進んでいるのかを一緒に確認しながら進めていきます。
(※治療期間中も患者様の状態に応じて担当歯科衛生士によるクリーニングを行います。)

6

再評価とカウンセリング

キッズコーナー

全体の治療が終了した後、再度、口腔内の検査と現在の状態の再評価を行います。
再評価の結果に応じて、担当歯科衛生士と今後の予防プログラムについて説明させていただきます。

7

メインテナンス

バリアフリー

患者様それぞれの予防プログラムに応じて定期的にメインテナンスを行っていきます。
「治療が終わったら終わり」ではありません!
ここからがスタートです!!

当院の診療に関するQ&A

どうしてメインテナンスに来なきゃいけないの?
メインテナンスでは、日頃のセルフケアでは落としきれない汚れ(バイオフィルム)の除去をメインに行います。バイオフィルムの蓄積は虫歯や歯周病を発生・進行させる大きな原因となりますので、定期的な除去が必要になってきます。また、当院では、お口の中の変化はもちろん、患者様の状況にも変化(生活習慣や心身のストレス等)があった時に早期に対策をとれるようにすることも目的の一つとしています。 今まで歯科医院というと「何かあったら行く」というイメージが強かったと思います。しかし、それでは頻繁に「治療の繰り返し」になったり、「もっと早く来ていれば・・・」という状況になってしまう可能性が高くなります。日本も徐々にお口の中の関心が高まりつつありますが、まだまだメインテナンスの受診率は低い傾向にあります(欧米などでは「虫歯や歯周病にならないために歯科へメインテナンスへ行く」ということが当たり前になっています)。 虫歯や歯周病にならないためにも、また、治療した歯を長期にわたって良好に保っていただくためにも、ぜひメインテナンスのために通院していただければと思います。
カウンセリングが多いのはなぜ?
当院では患者様とのコミュニケーションを重要視しております。 歯科において最も問題となるのは「治療の中断」です。一度、中断してしまうと、治療中の歯が悪化してしまったり、早期に発見できた変化に気づくことができずに、治療介入せざるを得ない状況になってしまうことが多々あります。なるべくそのようなことが起こらないように、当院ではカウンセリングをはじめとした患者様とのコミュニケーションを大事にし、二人三脚で共通の「ゴール」を目指していきたいと思っております。 カウンセリングだけでなく、患者様との日頃の会話も私たちスタッフは大切にしておりますので、気軽にお話しいただければと思います。
どうしてなかなか治療してくれないの?
お口の中には多くの細菌が住んでいます。この細菌たちが悪さをしない状態であればよいのですが、お口の中の衛生状態や生活習慣の状態で、病気を起こしやすい環境になっている場合があります。その環境下でいくら治療をしたとしても、治療をしたところからまた病気の繰り返しとなってしまい、全く意味がありません。 治療の効果を最大限に活かすため、当院ではまずお口の中のリスクを可能な限り下げてから治療を行うようにしておりますので、ご理解いただければ幸いです。
どうしてこんなに検査が多いの?
お口の中の状態は人それぞれ違います。当院では、患者様と共通のゴールに向かっていくために、お口の中の状態や普段の口腔ケア習慣などを調べさせていただき、治療プランを提案しております。また、患者様ご本人にも自分の状態を知っていただくため、「デンタルX」というシステムを用いて、視覚的にもわかりやすくご説明させていただきます。
メインテナンスにはどのくらいの頻度で通えばいいの?
メインテナンスに来ていただく間隔は患者様のリスクに応じて異なります。3ヶ月に1回で良い方もいれば、1ヶ月で来ていただきたい方、半年に1回でOKな方もいらっしゃいます。もちろん、理想の通院間隔はありますが、お仕事や生活環境の変化に応じて患者様にとってベストな提案をしたいと思っておりますので、担当歯科衛生士にお気軽にご相談ください。
 
歯科には家族で通った方が良いの?
虫歯や歯周病は細菌の感染症です。親子はもちろん、同居されているご家族、友人、パートナー、職場など様々な人、様々なシチュエーションでそれらの細菌に感染するリスクがあります。例えば、ご家族の方に、過去や現在に虫歯や歯周病に悩まされている方がいれば、同様のリスクがご家族全体にあると言えます。それを知っておくことで、事前に予防対策を考えることができますし、何より、ご本人がしっかり治療を行い、予防を行なっていくことが、ご家族全員を守ることにもつながります。また、歯並びなどに関しても、遺伝の影響があると言われています。以上の内容から、当院ではご家族全体での歯科受診をお勧めしております。
セルフケアについて
メインテナンスに通っていただくことはもちろん大切なのですが、最も重要なのはご家庭でのセルフケアです。例えば、3ヶ月に1回メインテナンスに通院される場合、1年365日のうち、歯科医院でクリーニングを行うのは年間たったの4日です。残り361日、つまり1年の99%は自分でしっかりとケアを行っていただく必要があります。 当院では、患者様により効果的にセルフケアを行っていただけるよう、歯科衛生士より患者様に合った口腔ケア用品を提案させていただいております。
セルフケアについて
POICウォーターについて
POICウォーターとは、タンパク汚れを分解洗浄し、虫歯や歯周病の原因菌などを除菌する機能水です。
POICウォーターは当院で使用しているエピオスエコシステムで作られる水と同様に、「塩」と「超純水」を電気分解して生成される安全な水です。
当院ではご家庭でのセルフケアで、このPOICウォーターを使用していただくことをお勧めしております。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。
エピオスエコシステム POIC POIC
スタッフ紹介
歯科衛生士 森岡 麻衣子

資格・所属団体

  • IDHA(国際歯科衛生士学会)認定歯科衛生士
  • トリートメントコーディネーター(Advanced Instructor)
  • ホワイトニングコンシェルジュ
  • 歯科色彩学コーディネーター
  • 口育士
  • 日本アンチエイジング歯科学会 所属
今の職業についたきっかけ

手に職を…という軽い気持ちで専門学校に入学しました 歯科の専門的な勉強に心が折れそうになったこともありますが、実習生の時に患者様から『ありがとう』と言ってもらった時に歯科衛生士は患者様を笑顔にできる素敵な職業だと感じて歯科衛生士の素晴らしさに目覚めました。

歯科衛生士としてのやりがいと目標

予防の重要性を広めることが私の目標です。 歯科衛生士としての業務全てにやりがいを感じるほどの歯科大好き人間ですが…(笑) 来院してくださる患者様の笑顔を拝見できること、フォレスト歯科クリニックに出会えてよかったというお言葉をいただけることがとても嬉しいです。

患者さんへ一言

フォレスト歯科クリニックは来院してくださる患者様の5年後、10年後、30年後を考えてお話をさせていただいております。 今からできる予防を一緒に探していきましょう!

歯科衛生士 佐藤都未

資格・所属団体

  • 口育士
今の職業についたきっかけ

高校生の時に見ていたドラマで歯科衛生士を知り、細かい作業が好きだし!という気持ちで専門学校へ行きました。卒業後、実際の歯科医院で働き、歯科衛生士としてのやりがいや楽しさ、大変さを日々感じながら働いています。

歯科衛生士としてのやりがいと目標

歯科医院には「痛くなってから行く」という方が多いので、痛くなくても「予防のために行く」という方が増えるように、予防歯科の大切さをお伝えしていきたいです。また、子供の全身の発達を口から見ていく「口育」を多くの人に広めていきたいと思っています。

患者さんへ一言

0歳から大人まで全ての年代の方のお口の健康を守り、患者様がよく食べ、よく笑い、楽しい人生を過ごせるよう、精一杯サポートさせていただきます!

歯科衛生士 小沢ちなみ
今の職業についたきっかけ

私が歯科衛生士を志したのは、高校3年生の時に当時通っていた歯科医院の先生に歯科衛生士という素晴らしい職業がある事を教えて頂き、私もこの仕事に就いて地域に貢献したいと思ったのがきっかけです。

歯科衛生士としてのやりがいと目標
今は、様々なお口の悩みを抱える方が次第に自分のお口に自信が持てるようになり笑顔になっていくことがとても嬉しく、定期的なメインテナンスで患者様にお会いできることがとても楽しみになっております。

患者さんへ一言

お口は健康の入口です。この仕事を通じて患者様の健口を守っていけるよう、お話の時間を大切にし、一緒に健口をサポートして参りたいと思っておりますので、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

歯科衛生士 及川真緒
今の職業についたきっかけ

学生時代、進路に悩んでいた頃、親に職に就く上で資格を持っていると将来困らないと教わり、数ある資格のある職業の中から、「歯を綺麗にするのをやってみたいかも!」と思ったのが、歯科衛生士を目指すきっかけです。

歯科衛生士としてのやりがいと目標

患者様に健口と健康になっていただきたいので、日々勉強して新しい知識を取り入れ、患者様の健口を守れる歯科衛生士になれるように努力します。

患者さんへ一言

この歯医者に通いたい!と思っていただけるように私自身日々精進していきます。治療以外でのお話もたくさんしたいので、是非いろんなお話お聞かせ下さい!